木製ランプが似合う空間は、典型的な”北欧テイスト”に留まりません。

例えば、バルト海を行き来するクルーズフェリー。船窓から海を眺めるレストランでは、バーチ・ナチュラルのシェードが、落ち着きのあるインテリアとの程よいコントラストを作っています。

☝︎この製品は、「Secto (セクト) 4200」。1999年に発売され、今なお人気の高い定番製品です。
同シリーズの、フロアランプテーブルランプ ウォールランプとのコーディネートができ、住宅から公共空間まで様々な用途に使われています。

梅雨の後にやってくる夏が待ち遠しい!


Secto 4200 ペンダント 4種類のカラーバリエーションがあります
Photo by Secto Design Oy
Secto 4200 birch
photo by Secto Design Oy

エコロジーへの観点は、私たちの暮らしの中では欠かせないものです。インテリアにおいても同様ですね。そして、安全で味わい豊かな食物や、あきのこない日用品のように、私たちをサポートしてくれる暮らしの道具を選びたいものです。

インテリアの中には、家具、照明など大切な道具がありますが、あなたはどんなポイントから選びますか。

インテリアの専門家やデザインコンシャスな人々が集まる春のミラノ。国際見本市の会場とともに、市内各所でも多数のイベントが開催されますが、今年はどんな素敵な暮らしの道具と出会えるでしょうか。

フィンランドの木製照明ブランドSecto Designは、Euroluce 2019で皆さんとお会いするのを楽しみにしています。☝︎ 会場: Pavilion 13, C16 へ どうぞお越しを!


Octo 4240 White, Photo by Secto Design Oy

下記の期間は下記のとおりの変則営業とさせていただきます。

◉ 短縮営業
・期間: 4月8日(月)から 12日(金)および 15日(月)
・営業時間: 午後2時〜5時

◉ 臨時休業: 4月22日(月)

勝手ながらご不便をお掛けしますが、業務調整のためご了承ください。

休業日・変則営業日はカレンダー形式でもご確認いただけます。

Western Union office. Vilnius, Lithuania.
Interior and project management by Lt.Project.
Photo by Leonas Garbaciauskas. Photo from Secto Design Oy.

木製照明の専門メーカー、セクトデザイン, SectoDesign は、冬から春へ向かうこの時期にはフィンランドを飛び出して、各地の見本市やデザインイベントへ積極的に参加しています。

来たる3月に上海で開催される「Design Shanghai 」(3/6-3/9 2019)へ。その後、4月には恒例のミラノサローネと併催の「Euroluce 2019」(4/9-4/14 2019)へと向かいます。

ところで、海外の建築家やインテリアデザイナーたちがセクトデザインへ注目するのはどうしてなのでしょう。いくつかの理由があるようです。

フィンランドバーチを大切に使用したエコロジーでナチュラルなものづくり。次に、様々な空間、多様な用途とも美しいハーモニーを奏でるスタイリッシュなデザイン。飽きのこない木製家具のような変わらない魅力。そして、木製ランプシェードならではの、穏やかで柔らかな光の表情。

照明に必要なものは、機能や明るさだけではありません。曇り空の重さをそっと持ち上げてくれるかのように、心も温かくしてくれそうな明かりが、私たちの空間には欠かせないはずです。これは日本でも海外でも同じでしょう。

Photo by Secto Design Oy

セクトデザインのシグニチャーモデル、オクト ペンダントのスモールサイズ「Octo Small 4241」を発売しました。

日本仕様品は、引掛シーリングプラグ付きコード(長さ:1.5m, フランジカバー付)、LED電球(白熱電球100W相当の明るさ)を同梱して、あなたへお届けします。

*製品の詳細は、こちらをご覧ください
*製品のご購入については、こちらをご覧ください

フィンランドから、森と湖に囲まれた住宅に使用されたイメージが届いています。
木製のランプの温もりある光とともに、リラックスした時間が過ごせそうです。

Private Residence. Lohja, Finland.

セクトデザイン オクト スモール 4241

Octo Small 4241

Photo from Secto Design Oy.

住まいについて相談から売買、リノベーションまで行うコスモスイニシアさんの相談スペースでオクト4240が空間を明るく灯しています。

リノベーションのご相談時には暮らし全体〜間取り〜家具、その配置…などなど、現実空間への落とし込みに悩みは尽きないもの。知人の設計士がある日、何気ない会話の中で言いました。

楽しんでね。

オクトのスリットから放たれる優しい光の包まれて、コスモスイニシアさんのプロフェッショナルできめ細かいサポートの元、楽しい住まいを作る選択を楽しみましょう。

場所: 株式会社コスモスイニシア 渋谷青山営業所

他のイニシアさんの相談スペースの画像はこちらでどうぞ。

LAMPIONAIOさん(@lampionaio)がシェアした投稿