木製の大型ペンダントライト「Magnum(マグナム)4202」。

ランプシェードの表面には、バーチの木目が見えます。
一枚の合板から切り出されたランプシェードを構成する棒状の部品(スラット)は、
切り出された順番のままで並べられています。

木材の表情がそのまま生かされたランプ。
その光にも木々の力が宿っているようです。

■「Magnum(マグナム)4202
シェードサイズ:φ56cm, H87cm
Magnumについてもっと知りたいあなたはこちら

Cafe&Restaurant De Plantage. Amsterdam, The Netherlands. Architecture by Studio Linse.
Photo from Secto Design Oy

ランプシェードのサイズは、な、なんと!高さが87cmで直径が56cm。
カタログ写真では分かり難いのですが、かなり大型のペンダントランプなのです。

名前もずばり「Magnum(マグナム)」。フォンランドの木製照明ブランド、セクトデザインの製品の中で最も大きなモデルです。このため、大型の公共空間での使用にも適しています。吹き抜け天井のあるショップやオフィスビル、落ち着きある図書館や病院などの建築にも似合うでしょう。

フィンランドバーチのナチュラルな質感は、空間に優しい雰囲気を作ってくれます。すっきりした上品な佇まいで、木製のランプシェードならではの柔からかな光が特徴。スリットから溢れる光は、目にも心にもくつろぎ感を与えます。

木製の大型ペンダントランプをあなたの空間で試してみませんか?

セクトデザインの製品はフィンランドの工場でハンドメイドで仕上げられています。
こちらは「マグナム」を製作するクラフトマンのJariさん。▽

Photo from Secto Design
Photo by: Sami Lettojärvi/Itä-Häme

Magnum 4202
VPK Packaging, New headquarters.
Aalst, Belgium.
Architecture and interior design by De Cort & Dervichian.
Photo by De Cort & Dervichian.

Magnum 4202
Long Island Residence. New York, USA.
Photo by Eric Laignel

Cafe&Restaurant De Plantage. Amsterdam, The Netherlands. Architecture by Studio Linse.
Photo by Ellen Swaan.

All photo from Secto Design