木製照明の専門メーカー、セクトデザイン, SectoDesign は、冬から春へ向かうこの時期にはフィンランドを飛び出して、各地の見本市やデザインイベントへ積極的に参加しています。

来たる3月に上海で開催される「Design Shanghai 」(3/6-3/9 2019)へ。その後、4月には恒例のミラノサローネと併催の「Euroluce 2019」(4/9-4/14 2019)へと向かいます。

ところで、海外の建築家やインテリアデザイナーたちがセクトデザインへ注目するのはどうしてなのでしょう。いくつかの理由があるようです。

フィンランドバーチを大切に使用したエコロジーでナチュラルなものづくり。次に、様々な空間、多様な用途とも美しいハーモニーを奏でるスタイリッシュなデザイン。飽きのこない木製家具のような変わらない魅力。そして、木製ランプシェードならではの、穏やかで柔らかな光の表情。

照明に必要なものは、機能や明るさだけではありません。曇り空の重さをそっと持ち上げてくれるかのように、心も温かくしてくれそうな明かりが、私たちの空間には欠かせないはずです。これは日本でも海外でも同じでしょう。

Photo by Secto Design Oy

住まいについて相談から売買、リノベーションまで行うコスモスイニシアさんの相談スペースでオクト4240が空間を明るく灯しています。

リノベーションのご相談時には暮らし全体〜間取り〜家具、その配置…などなど、現実空間への落とし込みに悩みは尽きないもの。知人の設計士がある日、何気ない会話の中で言いました。

楽しんでね。

オクトのスリットから放たれる優しい光の包まれて、コスモスイニシアさんのプロフェッショナルできめ細かいサポートの元、楽しい住まいを作る選択を楽しみましょう。

場所: 株式会社コスモスイニシア 渋谷青山営業所

他のイニシアさんの相談スペースの画像はこちらでどうぞ。

LAMPIONAIOさん(@lampionaio)がシェアした投稿

陽が落ちて暗くなるのが早くなりました。
ちょっと寂しい気持ちもしますが、良いこともあります。
秋から冬にかけては、ランプの灯りを楽しめる時間が長いのです。

さて、こんな季節にぴったりのイベントの開催が近づいて来ました!
フィンランドからセクトデザインの木製照明コレクションが、
IFFT/インテリア ライフスタイル リビング」へやってきます。

*東京ビッグサイト 西ホール
*開催日時:11月14日(水)-16日(金) 10:00 – 18:00 (最終日は 17:00まで)
*Secto Design ブースNo. 1D-26 (1F)

皆さまのお越しをお待ちしています。

夏の陽射しもようやく弱まってきました。
季節が変わり秋が訪れる頃は、新たなスタートの時期ですね。

セクトデザインは2018年秋のメゾン・エ・オブジェ・パリへ出展します。
会場では、注目の新製品をはじめ、フィンランドバーチの合板を使いハンドメイドで製作されたスタイリッシュな木製照明のコレクションをご紹介します。

セクトデザインの製品には、ペンダントランプ、テーブルランプやフロアランプの他、ウォールランプやシーリングランプの展開があります。住宅からホテルやレストランなど公共空間でのご使用にも適した照明です。

秋の訪れとともに、木製ランプとの素敵な出会いがあなたに訪れることを願っています!

メゾン・エ・オブジェ・パリ
Maison&Objet
2018/9/7-9/11
セクトデザインの展示会場:
ホール 6, stand No. O90 – P89

Location: Fred International, Showroom, Melbourne, Australia
Interior Design by Angela Harry
Styling by Simone Haag
Photo from Secto Design Oy

フィンランドの森からやって来たセクトデザインの木製照明のうち、E26口金の製品には省エネルギーなLED電球を同梱してあなたへお届けしています(2018年8月から)。

各製品に適したLED電球についてもっと知りたい場合は、最新の「LED電球ガイド」をご参照のうえ、用途に適した安全なランプをお選びください。

*ハロゲン電球やミラーランプなどの特殊電球、適合電球以外の電球はご使用にならないでください。器具内が異常に高温となり、不具合や事故の原因となります。

7月13日(金)から22日(日)まで、ランピオナイオは休みます。

この期間のご依頼やお問い合わせには、7月23日(月)より順次対応します。

夏本番、健やかにおすごしください。

Owalo 7000 pendant
Photo by Secto Design Oy