フィンランドの木製のペンダントたち。
あなたなら、どんなふうに使う?

△ Magnum 4202
Tetris House. São Paulo, Brazil.
Project by studiomk27.
Photo by Fernando Guerra.
Photo from Secto Design

Share on FacebookTweet about this on Twitter

北欧雑貨図鑑 フィンランド100

フィンランド独立100周年の2017年初夏、「北欧雑貨図鑑 フィンランド100」が発刊されました(出版社: ネコ・パブリッシング)。

家具、テキスタイル、グラスウェア、照明などの製品と、新旧フィンランド人デザイナーの紹介、ヘルシンキの注目のショップ情報も満載された充実の内容です。

もちろんフィンランドの木製照明ブランド Secto Design, セクトデザインのランプコレクションと、これらを手掛けたデザイナーのセッポ・コホも登場しています。

フィンランドへ行ってみたいあなた、フィンランドの製品が気になるあなたへ、特におすすめしたい本です。

北欧雑貨図鑑 フィンランド100

北欧雑貨図鑑 フィンランド100

Share on FacebookTweet about this on Twitter

Secto 4201

ニューヨークから、セクトデザインの木製ペンダントに関するニュースを。

オンラインカードを提供しているPaperless Postのオフィスは、シンプルながらナチュラルな雰囲気のインテリアデザインです。

レセプションデスクの上の「Secto(セクト) 4201 ペンダント」がゲストを優しく迎えます。

Paperless Post Head Quarters in New York by +ADD
featuring our Secto pendants at the reception area.
Photo by: Miguel De Guzman.

Secto 4201

「Secto(セクト)4201」はすっきりとした印象で小ぶりなサイズのペンダントです.
Photo by Secto Design

Share on FacebookTweet about this on Twitter

Secto Design by LAMPIONAIO

ニューヨークではICFFが開催されています!

本年は第29回目となるコンテンポラリーなデザインが世界中から集まるこの見本市には、750社以上の企業が出展。北米のマーケットに対してのプラットホームとして、年々注目が高まっています。

ランピオナイオがご紹介するフィンランドの木製照明ブランド「セクトデザイン」もICFFへ出展していますよ!

The 29th annual ICFF NYC, North America’s platform for global design, will map the newest frontier of what’s best and what’s next at New York City’s Jacob K. Javits Convention Center, May 21-24, 2017.

Iconic wooden lighting collection with a clear and timeless Scandinavian feel. Designed by award-winning Architect Seppo Koho. Handmade in Finland of top-quality local birch.

Secto Design by LAMPIONAIO

セクトデザインの木製ランプたちはコチラから
Photo by Secto Design

Share on FacebookTweet about this on Twitter

Octo 4240 White Photo by Secto Design.

外面はホワイト、内面はバーチ。
清楚な外観とナチュラルな雰囲気がいい感じにミックスされているのがこの製品の魅力です。

セクトデザインの「Octo 4240 ペンダント」は白で統一された空間からラスティックな素材使いのインテリアまで、様々なテイストと相性の良いペンダントランプです。

Octo 4240 White Photo by Secto Design.

Octo 4240 White
Photo by Secto Design.

Share on FacebookTweet about this on Twitter

Secto Design in Japan by LAMPIONAIO

照明のランプシェードって、いろいろなサイズがあり、素材もさまざまです。

その組み合わせによって、光の味わいは違ってきます。醸し出される光の雰囲気が場所や自分のイメージに合うかどうかは、よく吟味したいものです。

木でできたランプシェードを透過したり反射した光は、少し柔らかくなり、木肌のぬくもりを感じさせます。金属製のランプシェードなら、よりシャープでキリリとした印象を作り易く、テキスタイル製のランプシェードならもっとソフトでまったりした表情です。

ランプシェードのサイズは、家具や周囲とのバランスに合ったものを。テーブルに対してオーバーサイズのもの、部屋や空間に対してランプシェードが目立ちすぎたり大きい場合は、再考が必要でしょう。

あなたにぴったりのランプシェードの照明が見つかりますように!

△▽ 小さな木製のランプシェードのランプたちは、フィンランドの木製照明ブランド「セクトデザイン」のコレクションから。

Petite 4600, 4620, 4630 Secto Design

「プティット」シリーズ
Photo by Secto Design

Petite 4620 セクトデザイン

Petite 4620 テーブルランプ
photo by Secto Design

Share on FacebookTweet about this on Twitter