Secto 4201

ニューヨークから、セクトデザインの木製ペンダントに関するニュースを。

オンラインカードを提供しているPaperless Postのオフィスは、シンプルながらナチュラルな雰囲気のインテリアデザインです。

レセプションデスクの上の「Secto(セクト) 4201 ペンダント」がゲストを優しく迎えます。

Paperless Post Head Quarters in New York by +ADD
featuring our Secto pendants at the reception area.
Photo by: Miguel De Guzman.

Secto 4201

「Secto(セクト)4201」はすっきりとした印象で小ぶりなサイズのペンダントです.
Photo by Secto Design

Share on FacebookTweet about this on Twitter

Petite 4600, 4620, 4630 Secto Design

フィンランドの木製照明ブランド「セクトデザイン」。

日本でも注目されている、フランス パリで開催のインテリア見本市「メゾン・エ・オブジェ」へ出展していました。

会場はこんな様子です!

フィンランドバーチの合板で丁寧に造られたランプシェード。大きさやフォルムの異なるペンダントランプは、住宅から公共空間まで、さまざまな場所に似合います。

おやっ。新しいランプもいくつかお目見え。
テーブルランプやウォールランプなど、新製品が発表されています。

北欧のみならずさまざまな国々で愛用されているフィンランドの森から生まれたランプたち。

セクトデザインの日本総販売元として、ランピオナイオでは、日本の電気用品の技術基準に合致するよう改良した安全な製品を、皆さまへお届けしています(照明器具は海外から購入しただけでは、安全にご使用いただけません)。また、製品についてのご質問やご購入後のメンテナンスにもご対応していますので、ご安心ください。

Share on FacebookTweet about this on Twitter

Secto Design in Japan by LAMPIONAIO



人気のオクト(Octo)4240 ペンダントの兄弟モデルが、アット(Atto) 5000 ペンダント。


「オクト」のランプシェードの高さは約68cmありますが、格子状の軽やかなデザインのため大きさを感じさせず、標準的な天井高の空間にも使用できます。



一方で最新のLEDを組み込んだ「アット」は、広がりのある光を放つペンダント。住宅から公共空間まで、様々な場所で使用できます。

やや個性が異なる魅力あるランプたちです。

Secto Design in Japan by LAMPIONAIO

Atto 5000 pendants.
Photo by Secto Design



Share on FacebookTweet about this on Twitter

Secto Design by LAMPIONAIO


窓からの光を感じるリビング。とても気持ち良く過ごせそうです。ソファーに置かれたクッションと壁のアートもさりげなくコーディネートされています。

セクトデザインのペンダントランプ、「Octo(オクト)4240」ホワイト。

美しくカーブしたランプシェードの外面はパルプ素材を使ったラミネート仕上げで、内面のバーチ無塗装仕上げと優しいコントラストを作っています。

Secto Design by LAMPIONAIO

Occo 4240 white in cosy living space.
Photo by mintogpudder



Share on FacebookTweet about this on Twitter

Secto Design by LAMPIONAIO

The island luxury retreat JW Marriott Venice Resort and Spa has won the MIPIM Award 2016 as Best Hotel & Tourism Resort! Over 60 Octo pendants bringing Scandinavian tranquility in the restaurant area. Design and photo by: Matteo Thun & Partners Studio.

木製家具や照明がさりげなくコーディネートされた上質な空間は、ヴェニスのリゾートホテルのワンシーン。インテリアデザインはマッテオ・トゥンのスタジオが手掛けています。

セクトデザインの人気アイテム、「Octo(オクト)4240 ペンダント」。フィンランド産のバーチ材で作られたシェードで、その外面の仕上げは4種類からお選び頂けます。

ここではあえて異なる外面仕上げのシェードを組み合わせていますが、内面の仕上げはいずれもナチュラルな雰囲気の無塗装仕上げですので、空間に統一感が生まれていますね。

Secto Design by LAMPIONAIO

Oct 4240 pendant in the hotel.
Interior design and photo by: Matteo Thun & Partners Studio.

Secto Design by LAMPIONAIO

各国で人気の高い「Octo (オクト)4240 pendant」には, イメージの異なる4種類の仕上げがあります.
Photo by Secto Design

Atto 5000 Secto Design

やや小型の「Atto(アット)5000 pendant」も丸味を帯びた使いやすいデザイン. 省エネタイプのLEDを使ったペンダントライトです.
Photo by Secto Design.



Share on FacebookTweet about this on Twitter

Secto Design by LAMPIONAIO Inc.

「暮らしを素敵に丁寧に。」をテーマに、暮らしに関する新しい発見や選りすぐりの情報満載の
キナリノで、Secto Design(セクトデザイン)の照明が紹介がされています。

キナリノでのセクトデザインの記事はこんな内容です。

フィンランド製のバーチ材を用いたスリット状のランプシェードは、一度見たら忘れられない美しさ。木製照明ならではのやわらかな光は空間をあたたかく照らし、洗練された印象を与えてくれます。世界中の人々を魅了する照明をお家に迎え入れたら、どんな生活が待っているでしょうか?

国産の木材を使用して良いものを長く使うというフィンランドらしい文化は、日本の文化に通じるものがあるかもしれません。みなさんも照明を中心にインテリアを見直してみてはいかがでしょうか?きっとまた違ったお部屋作りの楽しさが見つかるはずです。

暮らしの中のさまざまなシーンでの照明のスタイリングや、フィンランドのデザインと日本の空間との相性の良さなども紹介されている素敵!な記事です。

インテリアや照明に興味をお持ちの皆さん、
自分らしい暮らし方をなさっているあなたに
ご一読頂けると嬉しいです!

Secto Design by LAMPIONAIO

吹き抜けに浮かぶOcto 4240が良い雰囲気です.
Photo by mayu.1114

Secto Design by LAMPIONAIO

テーブルにVicto 4250をセンスよくアレンジ.
Photo by prozorudom.com



Share on FacebookTweet about this on Twitter