セクトデザインの木製照明器具。

その特徴は、フィンランドバーチ製のナチュラルなデザインだけに留まりません。

セクトデザインの照明器具は、空間の中に、心地よいフォーカルポイントをつくります。さりげなく周囲からの視線を集めながらも、美しい光の表情で、見る者の目と心に、くつろぎ感を生み出すでしょう。

また、木製のランプシェードはハンドメイドで、スリット状に組み立てられています。このため、軽やかな印象で、背景や借景の眺めを遮ること少ないはずです。

Clarion Hotel Helsinki. Helsinki, Finland.
Photo from Secto Design Oy.

ペンダントランプなら、単体でも、複数を一緒にブーケアレンジのような楽しみ方もできます。

あなたなら、どんなブーケをつくりますか?
そして、どこに心地よいフォーカルポイントを置くでしょうか?

Secto 4200 / Secto 4201 at Finnish Form, London 2017
Photo from Secto Design Oy.

☝︎こちらは「Secto (セクト) 4200」と「Secto (セクト) Small 4201」のアレンジ。

セクトデザイン Secto 4200
Secto (セクト) 4200
Photo by Secto Design Oy
Secto 4201
Secto (セクト) Small 4201
すっきりとした印象で、
4200よりもやや小さいサイズのペンダント
Photo by Secto Design

彫刻的なフォルム、美しい木目、ディテールの細やかさ。

フィンランドの木製照明メーカー、Secto Designのコレクションに、新しい魅力を持った製品が加わりました。

☝︎こちらは、「Teelo(テーロ) 8020」テーブルランプ 。
Secto Designの他の製品と同様に、建築家 Seppo Kohoがデザインを手掛け、PEFC森林認証を受けた、持続可能型の森から採取したバーチ材が使われています。

落ち着きのあるウォルナット仕上げの「Teelo 8020 ウォルナット」
Private Residence. Espoo, Finland.
Photo from Secto Design Oy.
自然と共鳴する佇まい「Teelo 8020 ウォルナット」
Photo from Secto Design Oy.
ナチュラルなイメージの「Teelo 8020 バーチ」
Photo from Secto Design Oy.

高品質なプライウッド製のランプシェードの製造から、ランプの組み立てまで、全てがフィンランド国内で行われています。ハンドメイドならではの味わいを備えており、愛用の木製家具のように、あなたの暮らしに寄り添ってくれるでしょう。

海の見えるリビングで。

座り心地の良いパーソナルソファーとフロアランプが、窓辺に置かれています。

ゆっくりと窓の外を眺めたり、静かな読書の後には、しばらくの間、うたたねを楽しむこともあるでしょう。

☟こちらのフロアランプ は、セクトデザインの木製ランプのコレクションから、
Secto(セクト) 4210 フロアランプ」。

バーチ合板製のランプシェードの位置は、長さ調節可能な支柱によって、
175–185 cmの間で設定できます。

「「Secto(セクト) 4210 フロアランプ」
ランプシェードは4カラーの展開です。
Photo from Secto Design Oy.

フィンランドバーチ製の木製照明は、レジデンシャルからパブリックまで、
さまざまな空間と心地よいハーモニーを奏でます。

そして、そこで過ごす人や、周囲の物を優しい明かりで照らします。

「Secto(セクト) 4210 フロアランプ」ブラック
Secto 4210 Floor lamp @ Sky Room. Clarion Hotel Helsinki. Helsinki, Finland.
Photo from Secto Design Oy.

「Secto(セクト) 4210 フロアランプ」ブラック
Private Residence. Helsinki, Finland.
Photo from Secto Design Oy.

秋、旅へ出かけたい季節ですね。

どんなところへ泊まり、どう眠るかは、良き旅とするための大切なポイントでしょう。眠る時には明かりを消しますが、消すまでの間、どんな明かりのもとで過ごすことができるだろうと考えつつ、宿泊場所を決めるのも面白いのではないでしょうか。

☟こちらはフィンランドの木製照明ブランド
Secto Designのペンダント「Victo(ヴィクト)4250」

Victo 4250 セクトデザイン
Photo from Secto Design Oy.

国際森林認証PEFCを受けている森から採取されたフィンランドバーチの合板を使って、丁寧にハンドメイドされたランプシェードは、軽やかでスタイリッシュな印象。

カラー違いで数台を組み合わせて吊るしたアレンジが素敵です。

DAS TEGERNSEE Hotel. Tegernsee, Germany.
Interior design by Landau + Kindelbacher.
Photo by Das Tegernsee.

Photo from Secto Design Oy.

シンプルな家具、落ち着いた色味のテキスタイル、テラコッタカラーのタイルに木製の壁でまとめられたさりげない空間は、飽きがこない居心地の良さがあるものです。

秋晴れの日。こんな雰囲気のあるカフェや喫茶店で、ひと休みするのはいかがでしょう。

☟こちらはフィンランドの木製照明ブランド
Secto Designのペンダント「Octo(オクト)4240」

柔らかくカーブするフィンランドバーチ製のランプシェードは、スリット状で視線を遮らず、軽やかな印象です。

「ねぇ、あそこでコーヒー飲んで行こうよ」
と、ウィンドーからのフォーカルポイントになってくれるでしょう。やはり、ランプは空間のかなめです。

Photo by Secto Design Oy.

Octo 4240
Café Sinuhe.
Lahti, Finland.
Photo by Uzi Varon.

サイズ違いの兄弟モデル、「Octo 4240」と「Octo Small 4241」 Photo by Secto Design Oy.
Octo 4240 セクトデザイン
「Octo(オクト)4240」 Photo by Secto Design Oy.
Café Sinuhe. Lahti, Finland.
Photo by Secto Design Oy.

同じエリア、スペースだからといって、同じものばかり揃える必要はありません。

さまざまなタイプやモデル、カラーとサイズなどを組み合わせたコーディネーションは、もっと自由で、伸びやかなもの。そうすれば、赤や黄に緑、そして中間色の多彩な色合いとが織りなす秋色の眺めのように、格別なものを作ることができるでしょう。

☟こちらはフィンランドの木製照明ブランドSecto Designの看板製品「Octo(オクト)4240」

オープンスペースのソファエリアには、ウォルナット 、ブラック、バーチと異なるカラーが4台づつならんでいます。吊るす位置や高さをカスタマイズして、様々な組み合わせやアレンジができるのがペンダントランプの良いところです。あまり決まり事やルールを作りすぎずに、もっと自由に照明のコーディネーションを楽しみましょうよ。

Octo 4240 & Octo Small 4241
Photo from Secto Design Oy
Photo from Secto Design Oy.
Lahti University of Applied Sciences. IskuCenter, Lahti, Finland.
Architect: H&M arkkitehdit, Seppo Markku.
Interior design in the lobby: Isku Oy, Tiina Jalava.