セクトデザインの製品は、数字が並んだ品番だけではなく、ランプごとに愛称がつけられています。

線が交差するすっきりとしたデザインのペンダントランプの愛称は「Kontro(コントロ)」。
“反対”とか”逆”を意味を言葉(イタリア語のcontro)を想起させる名前です。

ブラックカラーはスタイリッシュで、日本的な雰囲気にも似合います。
上方向へも光がもれるので、ほのかに天井が明るくなって拡がりある空間の印象を作ってくれます。

Kontro 6000
Photo from Secto Design Oy

ランプシェード外面仕上げは4カラーの展開.
Photo from Secto Design Oy

ペンダント「コントロ」については
こちらの記事もご覧ください。

Share on FacebookTweet about this on Twitter

“ライフとランプ”と名付けた展示イベントを先日開催しました。

タイトルを決める時に配慮したのが、次のことでした。

「生活」っていうと実質的過ぎて素っ気なさを感じたので、人それぞれの価値観を大切にした豊かな毎日をイメージできる”ライフ”と呼ぶことにしました。

一方で、「照明」は建築やデザインの専門用語のようです。引っ越しなど特別な時にだけ登場する言葉ではなく、身近に置いておきたい気持ちから”ランプ”を選んでいます。

このイベントでは、フィンランドの森からやってきたセクトデザインの成型合板製ランプの他、リサイクルペーパーで作られたユニークな製品を展示してご紹介しました。

フィンランドの木製照明製品の販売に携わることで気付かされたことは、製品の製造、デザイン、ビジネスそのものの背景にある”ライフ”と人々の思想でした。”ランプ”の機能や美しさも重要ですが、その穏やかな光の表情の奥から見えてくることがあります。

じんわりと滲むように、誰かに伝わっていくといいなぁ、と僕らが思っていることはこんなことです。

次の良き機会がありますように!

Life to Lamp @ patagonia Yokohama-Kannai
photo by LAMPIONAIO

Share on FacebookTweet about this on Twitter

柔らかい明かり。木製ペンダントが灯された空間でゆったりと。そんな時間を過ごしてください。
ソファーの側にはフロアランプがあなたに寄り添います。夜にはテーブルに置かれたオイルランプが灯されるでしょう。

こちらは、ドイツ ミュンヘン郊外の街、フュルステンフェルトブルックにあるガストロノミーホテルの事例です。

ダウンライトは多用せず、隅々まで明るくされていません。ペンダントとフロアランプをメインにしても快適な照明と空間は作れます。

明るすぎる場所に慣れすぎている私たち現代人。
心地よくてエコロジーな場所を作るためには、照明器具の数や明るさを抑える引き算も大切ではないでしょうか。

Photo from Secto Design

Photo from Secto Design
Fürstenfelder Gastronomie und Hotel GmbH. Fürstenfeldbruck, Germany.

Photo from Secto Design
Fürstenfelder Gastronomie und Hotel GmbH. Fürstenfeldbruck, Germany.

Share on FacebookTweet about this on Twitter

おっとっと。
忘れないでください。

フィンランドの木製照明は、ペンダントランプだけではありません。

Sorger Brot. Graz, Austria.
Photo from Secto Design, by Markus Kaiser.

ウォールランプはその名前のとおり、壁付けの照明器具。
製品の素材とその光が壁面と上手く調和して、他の種類の照明器具(スポットライトやペンダントランプなど)では得られないハーモニーを奏でます。

Secto 4231
Workshop hallway. Helsinki, Finland.
Photo from Secto Design, by Uzi Varon.

取付には電気工事が必要となりますが、新築やリノベーション、店舗の改装等のタイミングなら取付も比較的容易です(検討のチャンスです)。ウォールランプは上質な空間を作ってくれる照明器具。

Sorger Brot. Graz, Austria.
Photo from Secto Design, by Markus Kaiser.

ウォールランプの魅力を侮るなかれ。

Share on FacebookTweet about this on Twitter

高い建築物が少ないヘルシンキの街。
これからはだんだんと秋らしくなっていきます。

木製のランプシェードの最も外側に黒のラミネート加工を施したブラックカラーのフロアランプ。きりっとした表情で、革張りのソファーとの相性も抜群です。

Secto 4210
Donors’ Lounge. Aalto University, Otaniemi campus. Espoo, Finland.
Photo from Secto Design

落ち葉や紅葉のような落ち着きのある色合いとも似合います。

Sky Room. Clarion Hotel Helsinki. Helsinki, Finland. Photo from Secto Design

金属製の支柱部分もマットなブラック塗装でスタイリッシュ。

Secto 4210 Floor lamp
Photo from Secto Design

Share on FacebookTweet about this on Twitter

フィンランドから最新のビジュアルが届きました。

フロアランプは住宅からホテルや公共空間までいろいろな空間で人に寄り添うように灯る照明です。

Secto 4210 Floor lamp @ Sky Room. Clarion Hotel Helsinki. Helsinki, Finland.
Photo from Secto Design

もうすぐ10月。今年の秋、あなたは何を計画していますか?
和らいだ陽光とハーモニーを奏でるお気に入りのランプとともに楽しい季節を!

Secto 4210 Floor lamp
Photo from Secto Design

Secto 4210 Floor lamp @ Clarion Hotel Helsinki. Helsinki, Finland.
Photo from Secto Design

Share on FacebookTweet about this on Twitter