Secto Design in Japan by LAMPIONAIO




やっぱり、「Octo(オクト)」っていいなぁ。
たおやかなフォルムとシルエットが優しい。天井もほのかに明るく照らされるのも良い感じです。




そして「Victo(ヴィクト)」もなかなか。柔らかい光を広範囲に届けてくれます。


どちらを選ぶかは迷うところですが、お使いになるシーンやインテリアと自由に合わせてみて。
いずれの製品にもLED電球が使えるので、環境に優しい製品です。

LED電球のセレクトにはこちらのページをご参考にしてください。

以上、セクトデザインのInstagramから最新のイメージのご紹介です。

Pictures from Secto Design.



Secto Design by LAMPIONAIO Inc.

セクトデザインのペンダントランプの中でも人気のオクトヴィクト、そして、スッキリと直線的なフォルムが魅力のセクト 4200, 4210, プンクト, コントロ

ペンダントを吊るす高さや用途によっては、もっと強い光が欲しい、明るさをアップ、さらに省エネで長寿命なLEDへ交換したいこともあるものです。

ソケットの口金サイズがE26のタイプの、「電球形のLED電球(広配光タイプ/全般配光形)」には、このページ冒頭のペンダントにもお使い頂ける電球があります(ランピオナイオでは販売していません)。

電球

▽「電球形のLED電球(広配光タイプ/全般配光形)」の一例
・形式:A型(LDA14LGK100EW, LDA14L-G/100W など)
・消費電力:約14ワット
・光の色(色温度):電球色
・全光束:1520ルーメン
・ランプ寿命:40,000時間

*参考:
「全光束(電球から放たれる光の量のこと、ルーメンという単位を使って表す)」の数値が大きい方が、より多く量の光を放つハイパワーの電球です。
Octo4240 と Victo 4250 の標準同梱電球は、白熱電球ホワイト60W(全光束:約800ルーメン)となります。

*注意:
「電球形のLED電球(広配光タイプ/全般配光形)」のご使用にあたっては、LEDメーカーの取扱説明書や注意に従って安全にお使いください。

お使いになるLEDの種類によって、光の広がり方や光色などの特徴が異なります。また、点灯したイメージや光の効果は異なります。

☞ 参考記事 1 ▷ ペンダント「オクト/ヴィクト/プンクト/セクト(4200/4201) /コントロ」のためのLED電球
☞ 参考記事 2 ▷ LED電球ガイド(参考製品をリストアップしています)

by LAMPIONAIO Inc.

電球がセットされる位置は、シェードの上部のすぼまった箇所。
電球が隠れているので、嫌な眩しさはなく、美しくシェードや下方などが照らされます。



Share

Secto Design by LAMPIONAIO

こちらはベルギーのオフィスプロジェクトの事例です。

セクトデザインのクラシックなシリーズから、最も大きなペンダントを紹介します。
名前はズバリ「Magnum(マグナム)」。高さ:87 cm、直径:Ø 56 cmのシェードの照明製品は、広がりある建築空間にも似合います。

Secto Design by LAMPIONAIO

「Magnum(マグナム) 4202」ペンダント.
Photo by Secto Design





Magnum 4202
VPK Packaging, New headquarters.
Aalst, Belgium.
Architecture and interior design by De Cort & Dervichian.
Photo by De Cort & Dervichian.

このシリーズにはペンダントのサイズバリエーション、
テーブルランプやフロアランプもラインナップされています。

Secto Design by LAMPIONAIO

Magnumよりも小さい「Secto(セクト) 4200」 ペンダント.
Photo by Secto Design

Secto Design by LAMPIONAIO

4200よりも小さい「Secto(セクト) 4201」 ペンダント.
Photo by Secto Design



Secto Design by LAMPIONAIO

和室や畳のある空間に似合うのはどんな照明でしょう?

木をはじめとする自然素材が多用された、さわやかで気持ちの良い室内ですから、きりっとした印象のものを合わせるのも良い方法です。あまり重苦しくない形と色合いを選んで、周囲との調和を考えます。

例えば、格子のようなランプシェードの吊り下げ照明。室内に青い花を飾ったり、麻のおざぶを置いても相性が良さそうです。夏至も過ぎました。もうすぐ夏がやってきます。

Secto Design by LAMPIONAIO

畳がある室内に木製のランプを使う.
Photo by LAMPIONAIO

Secto Design by LAMPIONAIO

シェードの外側はきりっとした黒, 内側には木の質感を感じます.
Photo by LAMPIONAIO



Secto Design by LAMPIONAIO

ミーティングエリアに2台の木製ペンダントランプを使ったオフィス空間。
ワークスペースに柔らかな雰囲気をかもし出してくれます。

オランダのデン・ハーグのオフィスの事例です。

Secto Design by LAMPIONAIO

セクトデザインのオクト 4240 ペンダント.
Photo and design by Fokkema & Partners,
“NZO and Zuivel in Den Haag”.

Secto Design by LAMPIONAIO

複数のセクト 4200 ペンダントを使ったキャンティーン.
Photo by Secto Design

Secto Design by LAMPIONAIO

オヴァロ 7000 ペンダント.
Photo by Secto Design

Secto Design by LAMPIONAIO

オクト 4240 ペンダントのレセプションエリアでの事例.
Photo by Secto Design



Secto Design by LAMPIONAIO

ほがらかな陽射しが射し込む部屋。窓の外には春らしい景色が見えます。蕾が芽吹いた木々とも馴染むナチュラルなイメージのペンダント。この製品に使われているシラカバの森を想い起こさせてれます。

スリット状のシェードが美しい光の表情を浮かべるOcto 4240 Black.
Photo by: @carlosinhuisdesign

by Lampionaio Inc.

シラカバの森で緑が輝き始める季節までもう少しです.

Secto Design by LAMPIONAIO

各国でも人気の高いOcto(オクト)4240 pendant, イメージが異なる4種類の外面仕上げがあります.
内面は全てバーチの無塗装仕上げで、段々とあめ色の良い味わいに変わります.